ベルタ酵素の最安値はどこ?一番安く購入する方法を徹底調査!

ベルタ酵素は業界トップクラスの165種類もの素材を配合!

 

ベルタ酵素は酵素ドリンク業界のなかでもトップクラスの165種類もの素材を配合しているのが大きな特徴です。

 

他の有名な酵素ドリンクと比較してみると、例えばお嬢様酵素は86種類、浜田ブリトニーでおなじみのベジライフ酵素液は90種類、無添加で人気の優光泉酵素は60種類となっています。

 

これら有名な酵素ドリンクとしてもベルタ酵素の酵素原料の数は圧倒的に多いことがわかります。

 

でも、「素材の数=品質の高さなの?」とか「酵素素材以外の成分で気になるものはないの?」「安全性は大丈夫なの?」

 

と、配合される原料以外にも成分の面で気になるところはたくさんあると思います。

 

このページではそんなベルタ酵素の全成分にまつわる疑問をすべての成分を解析して明らかにしていきたいと思います。

 

 

そもそも酵素ドリンクは何を目的に飲むものなの?

 

酵素ドリンクの一番の目的は、痩せるために必要な体内酵素の直接の栄養となる成分を効率良く摂取することです。

 

身体のなかにはいろいろな種類の酵素が存在しています。消化、分解、吸収、解毒などキレイな身体を維持するために酵素は一生懸命働いているわけです。

 

ストレスや飲酒、喫煙、不規則な生活が続くとこの体内酵素は大量に消費されて痩せにくい身体になってしまいます。

 

酵素ドリンクはこうした不足しがちが酵素の重要な”栄養源”となるのです。

 

酵素ドリンクに含まれる素材の数が多ければそれだけいろいろな種類の酵素の材料を補えるというわけです。

 

 

酵素ドリンクに含まれる”素材の数”の意味

 

誤解されがちですが、酵素ドリンクは直接酵素を摂取するわけではなくて(もちろん酵素も含まれています)、体内で酵素を効率良く作るための材料を補給するのが一番の目的です。

 

こうした身体にとって必要不可欠な酵素の材料をどうやったら効率良く摂取することができるのか?

 

そこで重要になってくるのがたくさんの種類の食材を大量に摂取するということなのです。

 

とくに、野菜、果物、穀類、きのこ類、藻類には酵素の栄養となる成分が豊富に含まれています。

 

体内酵素を身体のなかで生成するにはたくさんの種類の栄養が必要となるので、偏った食生活では不足する酵素ができきてしまうのです。

 

 

”酵素の数”は正確には測れない。

 

酵素ドリンクの販売サイトでもよくみかけますが、配合されている素材の数=酵素の数と誤解させるような表現をみかけます。(ベルタ酵素も例に漏れずです・・・)

 

これは厳密に言えば正しくありません。

 

食品に含まれる酵素や、酵素の原料はそれぞれ違います。酵素ドリンクのように発酵・熟成する段階でそれぞれの栄養素が混ざり合ってしまうので正確に酵素の数を測ることはできないです。

 

ただ、そうはいってもたくさんの種類の原料が合ったほうがよりたくさんの酵素を作ることができることには変わりありません。

 

素材の数は多い方がいいですが、”酵素の数”として表記されていても厳密には酵素の数ではなく「酵素の原料となる素材の数」ということだけは覚えておきましょう。

 

 

酵素の原料となる素材が165種類も配合!

ベルタ酵素を申し込む

 

 

ベルタ酵素全成分の特徴は?

 

ベルタ酵素には業界トップクラスの165種類もの素材が使用されています。

 

これだけ多くの素材が配合されているので栄養価は抜群で体内で痩せるためのいろいろな酵素をつくることができます。

 

ただ、酵素の原料となる素材以外にもベルタ酵素には品質を調整する成分や美容効果を期待する成分も含まれています。

 

それらの成分は身体にどんな影響を与えるのか?ベルタ酵素は安全なのか?副作用はないのか?という部分をクリアにするためにもそのあたりの成分について詳しく見ていきます。

 

ベルタ酵素の成分からみる特徴

 

 

ベルタ酵素の全成分は写真の通り。これらの成分を解析すると以下のような特徴が見えてきます。

 

良いところ

素材の数が多い

前述の通り。ベルタ酵素には業界トップクラスとなる165種類もの天然素材が使用されています。

 

酵素の原料となるだけでなく不足しがちなビタミンなどの栄養素も補うことが出来ます。

 

美容成分プラセンタ

美容成分としてはおなじみとなったプラセンタを配合しているのもベルタ酵素の大きな特徴の一つ。

 

プラセンタはGEF(成長因子)を含んでいてターンオーバーやホルモンバランスに影響を与えることがわかっています。

 

 

低カロリー

ベルタ酵素は100mlで142kcalです。1回の使用目安が30ml〜50mlとなっていますから、40〜70kcalとなります。

 

30代の一般女性の一食の目安カロリーはだいたい500〜800kcalと言われているので一食置き換えるだけでかなりのカロリーを抑えることができるのです。

 

 

悪いところ

ベルタ酵素の成分を解析していて一番気になるのはやはり添加物が含まれている点です。

 

保存料としての「安息香酸Na、パラオキシ安息香酸プチル」や甘みを加えるための「果糖ブドウ糖液糖、イソマルオリゴ糖、」などが配合されています。

 

これらの成分はどれも身近な食品に添加されるものですが、添加物が消化や吸収の妨げになるとの意見もあります。

 

消化や吸収に影響を与えるとなれば酵素ドリンクの本来の目的でもある酵素を無駄に消費してしまう原因になります。

 

品質を安定させるために必要な成分でどれも身体にとって悪影響は認められていない成分ですが、

 

「体内酵素を効率良く増やしてダイエット効果を得る」

 

という観点からみるとやはり添加物は無いにこしたことはありません。

 

「ベルタ酵素には添加物が含まれている」この部分は多くのレビューサイトやランキングサイトでも指摘されている点です。

 

 

結局、総合的に判断してベルタ酵素ってどうなの?

 

使用されている酵素の原料や美容成分については問題ありません。ベルタ酵素がキレイに痩せることができると口コミで人気なのはまさに素材にこだわって作られているからです。

 

同時に添加物が含まれているのも事実です。日常的に口にする多くの食品に使われていて安全性が認められている成分ばかりですが、添加物がどうしても気になるという人にはベルタ酵素をおすすめはしません。

 

完全無添加の酵素ドリンクと検索すればいくつか見つけることができます。ちょっと値段はしますが添加物が嫌という人はそういった酵素ドリンクを選ぶ方がいいでしょう。

 

強引にまとめるならベルタ酵素は、

 

  • 業界トップクラス165種類の素材を使用
  • 美容成分プラセンタを配合
  • 品質を調整するための添加物も含まれている

 

となります。キレイに痩せたい人やダイエットをしっかりと継続させたい人にはベルタ酵素をおすすめですよ。