ベルタ酵素の最安値はどこ?一番安く購入する方法を徹底調査!

飽きないレシピで毎日続けよう!

無理なくキレイダイエットができる酵素ドリンクとして多くの芸能人やモデルさんにも支持されるベルタ酵素。

 

ちゃんとダイエットするにはある程度の期間を継続しないといけませんよね。

 

いくらベルタ酵素でダイエット効果期待できても、三日坊主で終わってしまうようでは思ったような効果を実感することはできないでしょう。

 

目標まで飽きずに続けるには毎日のレシピに変化を付けるというはとても効果的な方法です。

 

このページではベルタ酵素を飽きずに続けてちゃんとダイエットを成功させるための簡単で美味しいレシピを紹介します。

 

 

ベルタ酵素は飲みやすいピーチ味

 

ベルタ酵素は酵素ドリンクでは珍しいピーチ味になっています。

 

飲みやすさの秘密は、野菜や果物が熟成・発酵したときにでる独特の臭みを抑えるベルタ独自の製法と、添加物として香料が含まれているところにあります。

 

香料が含まれているので香りも味も他の酵素ドリンクよりは飲みやすくなっています。(香料に関しては安全性やダイエット効果への影響はありません。)

 

ただ、酵素ドリンクにしては飲みやすいというだけで、市販のジュースやカクテルのような美味しさではないので、続けるには好みにあったレシピを見つけることも重要だと思います。

 

「まずくはないけど美味しくもない」といった感じですね。

 

ベルタ公式サイトではベルタが行った味に関するアンケート結果も発表されています。

 

ベルタが行った味に関するアンケート結果

 

ベルタが発表しているものなので流石にマズイといった意見は掲載されていませんね。

 

他の酵素ドリンクに比べれば幾分マシなのでマズくて続けられないということは無いので安心してください。

 

 

ベルタ酵素の基本的なレシピ

まずはベルタ酵素の公式サイトでアナウンスされている基本的なレシピを紹介します。( )内の数字は1回分目安の量とカロリー

原液のまま(30ml 42kcal)

原液だと一回に摂取する量が少ないので満腹感を得られにくいというデメリットがあります。

 

原液を多めに摂る分には問題ありませんが、その分消費が早くなってしまいます。

 

コスパや満腹感のことを考えると原液のまま飲むというのは正直オススメではありません。

 

水割り(90ml 42kcal)

水で割る時はベルタ1に対して水が2で割ります。

 

寒くなってくると水は厳しいのでお湯で割るのも良いかもしれないですね。

 

お湯で割っても酵素の栄養素が壊れるということはなく、効果が落ちることもありません。

 

炭酸水(90ml 42kcal)

一番人気のレシピが炭酸水で割る飲み方です。

 

「満腹感を得やすい」という理由から最も試されているポピュラーな方法です。

 

炭酸水で割っても効果が落ちるということはありません。

 

無糖紅茶(90ml 42kcal)

当サイトではこの飲み方が一番のオススメです。

 

無糖紅茶とベルタ酵素のピーチ味の相性は抜群で、ちょうどピーチティーのような味になります。

 

甘味料としていろいろな種類の紅茶で試してみるのがオススメですよ。

 

 

 

 

ベルタ酵素の飲み方でよくある質問として「お湯や炭酸で割っても効果は変わらないの?」っていうのがあります。

 

熱や炭酸で酵素が死んでしまうのでは?と考える人が多いのですが、ベルタ酵素は酵素そのものを摂取するのではなくて、

 

酵素の原料となる”栄養素”を摂取するのが目的です。

 

沸騰させたりすると壊れる栄養素(ビタミンなど)はありますが、基本的には酵素の栄養素は熱や炭酸で壊れるものではないので心配せずにいろいろチャレンジしてみて大丈夫です!


 

まだまだある酵素ドリンクのアレンジレシピ7選!

ここまではベルタ酵素の公式サイトで紹介されているレシピを見てきました。

 

上に紹介したレシピ以外にも酵素ドリンクのレシピはたくさんあってネットを探せばいくらでもでてきます。

 

ここではもっとバリエーションを増やして飽きずに続けるためのオススメレシピを紹介します。

 

基本的には水分であればなんでも良いのですが、ここでは万人受けしそうなものを7つに絞って紹介しますね。

 

( )内の数字はベルタ酵素以外のカロリーです。ベルタ酵素は1回分30mlで42kcal。

豆乳(調整豆乳)(100ml 46kcal)

豆乳は無調整でも調整でもどちらでもOKですが、無調整豆乳の方が塩分や砂糖が少ないのでオススメです。

 

甘みはベルタ酵素にあるので無調整豆乳の方がカロリーを抑えることができます。

 

牛乳(100ml 66kcal)

桃系の味と牛乳の相性は良いですよね。

 

ベルタ酵素も牛乳とは相性がとても良いです。ベルタ酵素の栄養素と牛乳の栄養素でさらにパワーアップします。

 

ヨーグルト(100ml 61kcal)

ヨーグルトにかけて食べる方法はもはや定番とも言えるレシピですね。

 

自分のダイエットに合わせてヨーグルトの種類を選べるのがいいですね。

 

無糖のヨーグルトに甘味料としてベルタ酵素をかければ酵素と乳酸菌とダブルで摂取できるので便秘がちな人にもおすすめです。

 

チアシード(8g 38kcal)

ベルタ酵素の定期コースを申し込むと特典としてチアシード(40g)がもらえます。(定期コースは初回解約OKです。)

 

チアシードはハリウッドのセレブ達が愛用しているスーパーフードということで最近になって一気に知名度が上がりましたね。

 

 

チアシードを水に一晩付けておくとチュルチュルっとした食感になって満腹感も得られるのでダイエット食としておすすめですよ。

 

レモン水(100ml 0〜5kcal)

すっきりとした味わいで甘みが苦手な微糖派におすすめのレシピです。

 

レモンの絞り汁に水とベルタ酵素を合わせるだけの簡単レシピですが、ベルタ酵素の甘みとレモン酸味がちょうど良い感じになります。

 

カロリーも少ないしビタミン類も豊富なのでダイエット中の美容対策にもおすすめです。

 

青汁(100ml 41kcal)

健康飲料の王様「青汁」はベルタ酵素との相性もバッチリです。

 

青汁に含まれるたくさんの栄養素とベルタ酵素の栄養素。ダブルでとればダイエットも美容・健康も問題なしですね。

 

青汁はドラッグストアでも購入できて価格も安価なものなら1ヵ月分1,000円代から選べます。

 

Amazonで青汁を検索

 

ゼリー(100ml 0〜3kcal)

ベルタ酵素を水で割ったものを市販の粉ゼラチンや寒天で固めるだけの簡単レシピ。

 

間食を控えたいときに重宝するおやつになります。作って2,3日しか日持ちしないのが欠点ですがなぜかドリンクよりもゼリーの方が美味しいと評判のレシピです。

 

料理が苦手な方でも簡単にできるので試してみてくださいね。

 

 

保存期間について

ベルタ酵素は熟成・発酵させた飲み物なので保管方法が気になるところですよね。

 

公式サイトのアナウンスによれば未開封時で製造日から2年。

 

開封後は冷蔵庫に保管して「なるべく早く(2週間くらい)でお飲み下さい」とあります。

 

1本710mlで14〜24回分なので1日1回以上のペースで飲めば消費期限は気にしなくても大丈夫ということですね。

 

ベルタ酵素には製品を安定させるための保存料が添加されていますから、無添加の酵素ドリンクに比べれば消費期限は長いといえます。

 

ただ、安全面を考慮するならアレンジレシピで作り置きなどはせずにその都度作って消費していく方が安心です。